国際自然大学校> 総合案内> 自然学校とは

自然学校とは

「自然学校」に関する情報をご案内します。

「平成18年度自然学校全国調査」では、自然学校の定義(広義)として以下のように定めています。

  1. 自然学校とは、その活動を通して『人と自然』『人と人』『人と社会』を深くつなげ、自然と人間が共生する持続可能な社会作りに貢献する組織的な自然体験活動のことを指します。
  2. 自然学校では、自然体験活動及び地域の生活文化の再生に関わる活動その他をそれぞれの専門家の指導によって、安全に楽しくおこないます。
  3. 自然学校には、責任者、連絡先住所、活動プログラム、活動の場所、参加者がいます。

"自然学校"には、地域の市民団体によるものや、有志がボランティアで行うもの、ネットワーク型のもの、専門家による民間団体など様々な形があり、いわゆる"学校法人"ではないものがほとんどです。そしてその数は、ここ15年で大きな広がりを見せています。

そこでの体験の目的はいくつか考えられることができます。

  • 自然のことを知るために活動する。
  • 仲間のことを知るために活動する。
  • 自分自身のことを知るために活動する。

このような目的を持った団体やグループが、自然の中でいろいろな手段を使って体験活動をしていくところを"自然学校"と考えることができます。

自然学校について

国際自然大学校も、そんな"自然学校"の一つとして、自然環境に対する意識を高め、行動できる人として成長してもらえるような環境教育・野外教育を展開していきたいと考えています。

また、東京で自然体験をした子ども達には、ぜひ農村地域の日野春校やにいはる自然学校、日光霧降校などの豊かな自然の中で、さらにたくさんの体験してもらいたいと思っています。

自然学校についてもっと知りたい方は、自然学校の普及に取り組んでいる(社)日本環境教育フォーラムや、自然学校指導者の育成にも取り組んでいるNPO法人自然体験活動推進協議会日本アウトドアネットワークのHP等をご参考ください。

国際自然大学校は、(社)日本環境教育フォーラム、NPO法人自然体験活動推進協議会、日本アウトドアネットワークの正会員です。

自然学校指導者・関連情報

自然学校の指導者を目指している方へ

自然学校の指導者には、①直接対象者に接する指導者(狭義の指導者)と②企画者としての指導者(広義の指導者)があり、役割により呼び方も様々です。自分が目指す指導者像をしっかり見つめることで、将来の道が見えてくるかもしれません。

直接対象者に接する指導者の呼称の分類

技術指導をする役割
インストラクター、プログラムリーダー
個人的支援をする役割
カウンセラー
グループを促進する役割
ファシリテーター、グループリーダー
自然との橋渡しをする役割
インタープリター

間接的に対象者に接する指導者の呼称の分類

企画を作る役割
プランナー
事業全体を作り上げる役割
プロデューサー
個々の事業の人・金・時間・安全の管理者
マネージャー
個々の事業を運営者
ディレクター

以下は、全国各地で行われている自然学校指導者に関連する研修やフォーラムです。「自然学校の指導者になりたい!」という熱意がある人は、まずは下記のような研修や、希望の自然学校へ直接出向いてみてはいかがでしょうか?これらの他にも、多くの自然学校には独自の実習生・研修生の受入システムがあります

NOTS TV(国際自然大学校)