いついつキャンプでできること

日野春校周辺でできる活動の一例です。 アイディア次第でいろんなことが広がります。

よもぎでおだんごづくり 【 春 】

野原に生えているヨモギを採って、おいしいお団子を作ります。
きなこをつけるもよし、あんこにするもよし。春のウキウキがつまった味です。

よもぎ① よもぎ② よもぎ③

生き物さがし 【 春〜夏 】

土の中の温度があがり、小さな生き物たちが動き始める春。
田んぼや林や池や沼...いろいろな場所で、小さな命の躍動を肌で感じることができるでしょう。
夏には、カブトムシ、チョウ、バッタなどたくさんの昆虫に出会えます。

生き物① 生き物②

秘密基地づくり 【 いつでも 】

まずは設計書を描き、自然の中から材料を集めます。
外から見えないようにさまざまな工夫をするなど、子ども達の想像力が発揮できる大人気のあそびです

秘密基地づくり① 秘密基地づくり② 秘密基地づくり③

ツリーハウスづくり 【 いつでも 】

自らの手で材を運び、鋸を挽き、釘を打ち、まるで気分は大工さん。
スタッフから道具の使い方の手ほどきを受けながら、遊びながら技を学びます。

ツリーハウスづくり① ツリーハウスづくり② ツリーハウスづくり③

バードフィーダー(鳥のえさ台)づくり 【 いつでも 】

雑木林に囲まれた日野春校のまわりには、たくさんの鳥がいます。
イカル、ゴジュウカラ、アオゲラ、シメ、ヤマガラなど、10種類以上の鳥を見ることができます。
木箱を作って、自分たちで考えた場所に設置すると...早朝の散歩がぐっと楽しみになりますよ。

バードフィーダーづくり① バードフィーダーづくり②

草木染め 【 いつでも 】

草木からは魔法のようにさまざまな色が出てきます。
ハンカチやTシャツを染めて、お友だちとお揃いを作るのも人気です。

草木染め① 草木染め②

アウトドアクッキング/お菓子づくり 【 いつでも 】

地元でとれた新鮮な食材を使って大空の下でクッキングをしたり、雨がふったら室内でお菓子づくりをしたり、自分たちで作ったものは最高にオイシイのです!

アウトドアクッキング/お菓子づくり①アウトドアクッキング/お菓子づくり② アウトドアクッキング/お菓子づくり③

弓矢づくり・アーチェリー 【 いつでも 】

竹をけずり、反りをつくり、まっすぐ飛ぶような矢を選びます。こだわった弓矢はお気に入りの一品になること間違いなし!

弓矢づくり・アーチェリー 弓矢づくり・アーチェリー 弓矢づくり・アーチェリー③

竹のおはしづくり 【 いつでも 】

竹をナイフややすりで削って、オリジナルのお箸を作ります。
自分のものを作るもよし、家族や友だちへのおみやげを作るもよし。野外で竹と向き合う時間は楽しいですよ!

竹のおはしづくり 竹のおはしづくり②

竹鉄砲づくり 【 いつでも 】

鉄砲玉が飛んだときの快感が楽しくてしょうがない遊びです。
どうやったらうまく飛ぶのか考えたり、コツを教えてもらったりしながら、自ら作って遊びます。

竹鉄砲づくり① 竹鉄砲づくり②

たき火 【 いつでも 】

「火」があると自然に人が集まり、会話がはずみます。
燃え尽きそうになれば、焚き木探しが始まります。 キャンプには欠かせない存在です。

焚き火① 焚き火②

チャンバラ 【 いつでも 】

木切れや新聞を丸めたものなど、身の回りにあるもので簡単にできるのが「チャンバラ」遊び。子どもが数人集まれば、いつでもどこでも遊べます。
チームに分かれて対抗戦をしたり、スタッフを倒すべくみんなで戦ったり...、自分たちでルールも決めましょう。

チャンバラ① チャンバラ②

缶けり 【 いつでも 】

昔懐かしい遊びのひとつ...「缶けり」。「缶をけられまい」「絶対けってやる!」のせめぎ合い、スリルが、今も昔も変わらぬ魅力でみんなを引きつけます。

缶けり① 缶けり②

大ドロケイ大会 【 いつでも 】

一緒に遊ぶ友だちと、広い場所と元気な体があれば...さあドロケイ大会の始まりだ〜! 自然の中には身をひそめる場所がいっぱい。青空の下、走りまわろう。

ドロケイ大会① ドロケイ大会②

オオムラサキ(国蝶)の観察 【 いつでも 】

日野春校のある長坂町は、国蝶:オオムラサキの全国一の生息地。近くのオオムラサキセンターでは、春は越冬を終えた幼虫たちを探すことができます。

オオムラサキ① オオムラサキ③

魚釣り 【 いつでも 】

もちろん竹竿を作るところからスタートします。えさも自分たちで捕まえます。何が釣れるかは、お楽しみ!

魚釣り① 釣り② 釣り③

ヤマネに会いに行こう! 【 いつでも 】

北杜市清里町には、天然記念物に指定されている希少生物「ヤマネ」の棲む森が残っています。
日本でたったひとつのヤマネの博物館「やまねミュージアム」を訪ねると、春には冬眠から覚めたヤマネに会うことができるでしょう。

ヤマネ① やまね②

川遊び 【 夏 】

日野春校のすぐそばを流れる鳩川は、小さな子も水遊びが楽しめます。
少し上流に行くと、飛び込みポイントも!

川遊び① 川遊び②

お正月の遊び 【 年末〜お正月 】

年末やお正月には、しめ縄作りやお餅つき、初詣など、日本のお正月ならではのプログラムがあります。

お正月① お正月② お正月③

長坂町の探検 【 いつでも 】

日野春校ってどんな場所にあるのかな? 地図を見ながら探検しましょう。

長坂町の探検① 長坂町の探検② 長坂町の探検③
長坂町の探検④ 長坂町の探検⑤ 長坂町の探検⑥


いつ来てもいつ帰ってもいいキャンプ〔生活の様子〕

日野春校での生活そのものも、都会ではなかなか体験できないことばかり。
キャンプでは、そんな農山村の暮らしを体験できます。
生活に必要な"仕事"ですが、子ども達にとっては遊びの一つになることも...?

ニワトリの世話

里山の生活に欠かせないニワトリ。
毎朝、残飯とエサ・水をあげ、小屋の掃除をし、卵をとります。

ニワトリの世話① ニワトリの世話② ニワトリの世話③

畑で野菜のお世話&収穫

野菜の収穫と一緒に、草取り、水遣りなどの世話も行います。
ごほうびはもちろん、採れたて野菜をその場で「がぶっ」とすること。

畑仕事① 畑仕事② 畑仕事③

朝のおそうじ

朝食の前には、みんなでおそうじをします。
それは1日の始めの大切な仕事。
体を動かし、一汗流すと、心も晴れ晴れ!
何よりごはんがおいしくなります。

朝の掃除① 朝のおそうじ② 朝のおそうじ③のサムネイル

薪割り

薪は、ストーブ、お風呂、台所と日野春校の生活になくてはならない燃料です。
斧でパコーン! っと割れるようになったら、田舎暮らしも一人前かな?!

薪割り①サムネイル画像 薪割り②

食事

キャンプ中の食事は、できる限り日野春校の畑と近くの農家の方に分けてもらった食材を使い、旬の野菜たっぷりの食事を心掛けています。
野菜の味が濃くて甘いので、あまりの美味しさにビックリする光景は、毎度おなじみの風物詩です。

食事① 食事② 食事③

見送り・出迎え

毎日、「別れ」と「出会い」があるのがいついつキャンプ。
見送り・出迎えの時間は、帰っていく子ども達の姿が見えなくなるまで「いってらっしゃ〜い」の声で見送ります。
そして、「おかえり〜」と、温かい気持ちで、その日に来た子を出迎えます。

見送り・出迎え① 見送り・出迎え② 見送り・出迎え③

いついつ新聞

その日のできごとを子ども達が「いついつ新聞」としてまとめています。
子ども達の活躍話あり、スクープあり、コラムありの楽しい内容です。時には号外がでることも?!

いついつ新聞① いついつ新聞②

NOTS TV(国際自然大学校)