国際自然大学校 > NPO法人国際自然大学校 > インフォメーション> 国際自然大学校のスキーキャンプ

国際自然大学校のスキーキャンプ

NPO法人国際自然大学校のスキープログラム共通要項

なぜ、スキーキャンプをするの?

国際自然大学校は、毎年たくさんのスキーキャンプを行っています。初めてスキーに挑戦する子から、足をそろえて颯爽と滑ることができる子まで、参加者のスキーレベルは様々です。

スキーの魅力は雪の上を滑る爽快感、上達する楽しさや、それによって得られる充足感や達成感、冬の自然を感じられることなどがあります。それらを全身で味わうこともスキーキャンプのねらいの一つです。

子ども達がスキーキャンプで得るものは、スキーの技術だけではありません。練習の過程では、「感じ、考え、行動する」という体験学習のサイクルを何度も繰り返します。その中で、転んでもめげない強い心や、ひとつ上のレベルに挑戦する向上心や勇気などを育むことができます。

また、自分自身のスキーレベルを上げることだけを考えるのではなく、一緒にレッスンを受けている仲間のことを励ましてあげたり、待ってあげたり、時には助けてあげたり、逆に助けてもらったり...といった中で、自然と思いやりや仲間意識も芽生えます。それが、スキーだけでなく生活も共にしながら行うスキーキャンプの特色です。

もちろん環境への負荷や楽しいだけでない自然の厳しさ(冷たさ、寒さなど)も考えなければなりません。しかし、そういうことに気づく感性や、何事も乗り越える強い精神力を養うことこそが、スキーキャンプの意義だと考えています。

理事長 佐藤初雄


スキープログラムのスケジュール(例)

 AMPMNI
1日目集合・移動スキー合わせ
足慣らし・雪遊び...等
〔夜のお楽しみプログラム〕
◆交流ゲーム大会
◆キャンプソング大会
◆キャンプファイヤー
◆大カルタ大会
◆アドベンチャーツアー
...等
色々なところから集まった同じキャンプに参加するお友だちと、たのしい時間を過ごし、交流を深めます。
2日目

4日目
〈終日スキーレッスン〉
■午前&午後:各約2時間半ずつ(途中休憩あり)
■レベル別でグループに分かれ、指導員がスキーレッスンを行います。
滑りのフォームや止まり方などの基礎レッスンの他、ターンの練習、ロング滑走など、レベルアップのためのスキーレッスンが盛りだくさんです。
※レッスン内容は、天候・スキーレベル・ゲレンデ状況等により、柔軟に対応します。
最終日〈スキー総仕上げ〉
最後の最後までスキーを楽しみます。(約2時間)
移動・解散 

※各プログラムのスケジュール詳細は、申込みされた方へお送りする『参加の手引き』にてお知らせします。

スキーキャンプ風景 スキーキャンプ風景 キャンプ風景

スキープログラムFAQ

[Q]どんなスキーレッスンをするの?
[A]初日にレベルチェックを行い、レベル別のグループ分けをします。指導員は国際自然大学校のスタッフです。スキーが初めての方も、ウェアの着方やブーツの履き方を含め、基本からしっかり指導します。各レベルに応じて、楽しく丁寧に指導しますので、ご安心ください。
※指導スタッフについて.........特に中級者以上の指導は、SAJスキー検定2級以上のものが指導します。生活面からスキーまでの全てを同じスタッフが担当します。
[Q] スキーレベルの目安は?
[A] 下記3つのレベルを想定しています。プログラムごとに対象レベルが異なります。
 レベルの目安
はじめて・初心者スキーを初めてする方。
1~4日程度の滑走経験の方。
初級者5日以上の滑走経験がある方。
ハの字で止まれる、ハの字でターンができる、1人でリフトに乗れる方。
中級者以上パラレルターン(板をそろえてターン)ができる。
傾斜20度以上のゲレンデを滑り降りることができる。
[Q]リフト代はいくらくらい必要ですか?
[A]スキープログラムにはリフト代が含まれています。
[Q]レンタルを希望する場合は?
[A] プログラムごとにレンタル品及びレンタル料金が異なります。各プログラムの要項をご確認いただき、お申込みの際に、「スキーアンケート及びレンタル申込書」を提出してください。またレンタル料金は、旅行代金と共にお振込みください。

冬プログラム 共通要項



班編成プログラム中は、6名~10名で1つの班を作り活動を行います。たくさんの人と触れ合い、友達を作れるようになることも当校ではプログラムのねらいの1つとしています。ご兄弟、ご友人とは別々の班になります。班編成は当校にお任せください。
※スキープログラムの場合、生活班と別に、レベル別でスキー班を編成します。
集合・解散場所新宿駅・横浜駅・大宮駅・浦和駅、現地集合/解散など、プログラムにより異なります。必ず、パンフレット・ウェブサイトでご確認ください。
食事プログラムにより、旅行代金に含まれる食事の回数が異なりますのでご確認ください。また、食物アレルギー等がある方は、まずご予約前にご相談ください。
特に必要な持ち物◆スキーキャンプの場合
スキーセット(板・ブーツ・ストック)
ゴーグル・グローブ・帽子・ネックウォーマー
スキーウエア・アンダーシャツ・スキー用靴下・タイツ等をご用意ください。
スキーセット、スキーウェアはレンタル可能(別料金)ですが、ご自分のものをお持ちの方はご持参ください。荷物が多い場合は、スキー宅配便も利用できます。

◆雪あそびの場合
ゴーグル・グローブ・帽子・ネックウォーマー
スキーウエア・アンダーシャツ・厚手の靴下・タイツ・スノーブーツ(長靴)等をご用意ください。

→持ち物案内も併せてご覧ください。

悪天候・雪不足の場合雨天時も活動を行います。ただし、全てのプログラムは天候等の事由により、予期なく内容が変更となる場合がございます。台風・暴風・大雪などの荒天時など、公共交通機関が停止、または停止するおそれがあるなど、中止して該当金額を返金する場合もあります。

※雪不足などの場合は、ゲレンデやプログラム内容を変更して実施します。

関連ページ

→冬休みキャンプ
→春休みキャンプ
NOTS TV(国際自然大学校)