子ども体験教室

 

子ども体験教室への想い

子ども体験教室への想い

1歩踏み出し、はじめての体験にチャレンジする。
できなかったことができるようになる。

─ 子どもたちにとって、どんな小さな「できた!」でも、
それが自信となり 次の「やりたい!」の原動力になる。

時には、友だちとぶつかって嫌な思いをする。
失敗して、くやしい思いをする。

─ それも体験のひとつ。そこから、感じ、考えて、
どうしていけばいいかを学びとることで、子どもにとって、
また人間としての本当の『成長』がある。

30年以上続く子ども体験教室は、わたしたち国際自然大学校が目指す【アウトフィッター(自然や人とのかかわりの中で、人生を前向きに生きている人)】を育てる活動の1つです。

 

 

子ども体験教室の特徴

幼児~中学生まで、すべて一貫したプログラムで構成した年度単位の活動です。

同じ班のメンバー・同じスタッフで1年間活動を共にし、活動のたびに経験を積み重ね、友だちや仲間との関わりを深めていきます。

活動の報告を通じて、家庭や学校以外での[表情かお]を知ることができます。

幼児~中学生まで、すべて一貫したプログラムで構成した年度単位の活動です。

同じ班のメンバー・同じスタッフで1年間活動を共にし、活動のたびに経験を積み重ね、友だちや仲間との関わりを深めていきます。

活動の報告を通じて、家庭や学校以外での[表情かお]を知ることができます

 

 

活動の特色

プログラムの構成で大切にしていること

子ども体験教室のプログラム構成

◆3つの柱

● FUN(まずは楽しむ)
● 安心、安全な場(ココロもカラダも安全に)
● やってみる!(1歩踏み出す勇気を後押し)

◆継続性

継続することで身につく、【感じ・考え・行動する力】
● 活動を重ねるにつれて難易度をあげ、個々のチャレンジ・グループでのチャレンジの場を増やしていきます
● トライ&エラーを繰り返すことによって、経験値を積み上げていくプログラム構成です
● スタッフやグループの仲間との継続した関わりが、個の成長とグループの成長を促します

わかりやすい「活動テーマ」

各コースそれぞれの活動内で身につけてもらいたい「力」を当校オリジナルの「評価基準表」により明確にし、毎回の活動それぞれの目標や難易度などを細かく設定してプログラムを構成しています。活動のたびに経験を積み重ね、友だちや仲間との関わりを深めていきます。

またそれぞれの活動は、季節に応じた自然の広がるフィールドで行います。その季節ならでは、その場所ならではの自然体験が経験できるようにプログラム内容を決定しています。

参照 2020年度子ども体験教室オリジナル評価基準表

子ども体験教室の活動テーマ

最終回「仲間と歩く」プログラム

子ども体験教室とチャレンジハイク

国際自然大学校が目指す『アウトフィッターの育成』という理念を最も具現化したプログラムの1つに、30年間続く【100㎞チャレンジハイク】があります。
18歳以上を対象としたプログラムですが、チームで歩くことがルールです。100㎞を歩く行程を人生に置き換え、人と関わり続け、そして自分と向き合いながら限界に挑む中で、自己の気づきと前向きに生きる姿勢を育みます。

その想いのもと、当校の子ども体験教室でも、最後の活動でそれぞれの成長にあわせた「チャレンジハイク」を行っています。

 

子ども体験教室キャラクターノッツくん

子ども体験教室キャラクターノッツくん

2021年度の子ども体験教室

2020年度は新型コロナウイルスが猛威を振るい、2021年度も継続して影響を受けることが見込まれています。昨年度の子ども体験教室は、感染症対策ガイドラインに基づいて、一部形を変えながらも継続して実施をいたしました。ここで培った経験値を活かした形で、本年度も年間を通しての活動を続けてまいります。

30年以上続いている【子ども体験教室】ですが、子どもたちにより安心安全な体験を提供し、保護者の方によりわかりやすく活動での様子をお伝えできるよう、本年度からの改善点もありますので下記をご確認ください。

「体験を止めない」をスローガンに、子ども達が楽しく、のびのびと活動できる場を作っていきたいと思います。皆さんのご参加、心よりお待ちしております。

本校マネージャー 小澤(アポロ)

1.クラブ数・参加人数・スタッフ数の変更

2クラブ制だったコースを1クラブにし、定員も最大で36名(パイオニアコースは18名)に変更します。
また、従来 子ども5~6名1班につき1名配置していた班担当スタッフ=カウンセラーを子ども7~8名(高学年は最大10名)1班につき2名で担当させていただきます。状況に応じて班を更に2つにわけて3~4名で行動するなど、スタッフの目が充分に行き届く中で、子どもたちが密になるのを防ぎ、安全に運営いたします。

2.活動の欠席について

前年度までは、活動を欠席した際の返金などのご対応は基本的に承っておりませんでしたが、2021年度より、欠席1日につき5000円の当校キャンプに使用できるクーポンをお渡しいたします。残念ながら欠席してしまった分、別のプログラムに参加し、体験を重ねていただきたいという願いからです。クーポンの期限は【2022年3月末日】、また【複数枚同時使用も可】となりますので、単発プログラムへの参加が難しい方は、次年度2022年度の子ども体験教室の予約にも利用できます。
また、クーポン使用の有無にかかわらず、子ども体験教室にご参加いただいている方は、当校の単発プログラムのご予約時、会員先行予約よりさらに早く予約を受付させていただきますので、よりご希望のプログラムに参加していただきやすくなりました。

3.連絡手段・事後のご報告の変更

参加者のみなさまに各コースの専用LINEアカウントを友だち登録していただきます。事前のご連絡、事後のご報告はそのLINEアカウントにてお伝えさせていただきます。
事後のご報告は、従来の【カウンセリングカード】は使用せず、当日解散式にて保護者の方へ、直接担当スタッフよりお一人お一人のキャンプでの様子をお伝えさせていただきます。これは、その日のうちに保護者の方へ活動の様子をお伝えし、お子さまと当校のプログラムについてより早くお話してほしいという願いからです。また、後日、動画・写真や、担当ディレクターからのご報告をLINEにてお送りさせていただきます。

 

2021年度ご予約について

2021年度募集は定員いっぱいになり、募集を締め切りました。キッズコース、ビギナーコース、フロンティアコースの年度途中の追加募集などは計画しておりません。パイオニアコースは単発参加を季節ごとに募集しております。
2022年度募集は、2022年2月末ごろ情報開示、3月頭ごろに予約受付を開始予定です。スケジュールは変更になることもございます。都度こちらのサイトを通してお知らせさせていただきます。

 

 

成長に合わせた4つのコース

対象学年の違う4つのコースをご用意しています。日程の詳細や料金などの具体的な募集内容は各コース毎にご確認ください。

キッズコース [ 年中~年長 ]

子ども体験教室キッズコース

活動テーマはあそび力UP

年中・年長さん対象のキッズコースでは、遊びを通して、感じる心と創意工夫する力を育み、遊ぶ力を高めます。「あそび力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

楽しくあそぶ力

創意工夫をしてあそぶ力

集団であそぶ力

ビギナーコース [ 小1~小2 ]

子ども体験教室ビギナーコース

活動テーマはできる力UP

小学1年生・2年生対象のビギナーコースでは、「考える」「やってみる」体験を通し、自分や仲間との「できた!」を増やします。「できる力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

自分で考える力

自分でやってみようとする力

仲間とやってみようとする力

フロンティアコース [ 小3~小6 ]

子ども体験教室フロンティアコース

活動テーマは行動力UP

小学3年生から6年生まで対象のフロンティアコースでは、仲間と協力すること・挑戦することを通して、感じたことを自分から行動に移す力を高めます。「行動力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

自ら解決しようとする力

仲間と協力する力

個を発揮する力

ベーシックなアウトドアスキルが学べます。

パイオニアコース [ 小5~中3 ]

子ども体験教室パイオニアコース

活動テーマは挑戦力UP

小学5年生から中学生対象のパイオニアコースでは、冒険活動を通して野外生活に必要な知識スキルを身に付け、どのような状況でも前向きに立ち向かう力を養います。「挑戦力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

知識、スキルを活用する力

自分の可能性に気づく力

どんな状況でも前向きに挑む力

バラエティに富んだ活動のラインナップで、よりダイナミックな自然体験に挑戦できます。