子ども体験教室

 

子ども体験教室への想い

子ども体験教室への想い

1歩踏み出し、はじめての体験にチャレンジする。
できなかったことができるようになる。

─ 子どもたちにとって、どんな小さな「できた!」でも、
それが自信となり 次の「やりたい!」の原動力になる。

時には、友だちとぶつかって嫌な思いをする。
失敗して、くやしい思いをする。

─ それも体験のひとつ。そこから、感じ、考えて、
どうしていけばいいかを学びとることで、子どもにとって、
また人間としての本当の『成長』がある。

30年以上続く子ども体験教室は、わたしたち国際自然大学校が目指す【アウトフィッター(自然や人とのかかわりの中で、人生を前向きに生きている人)】を育てる活動の1つです。

 

 

子ども体験教室の特徴

幼児~中学生まで、すべて一貫したプログラムで構成した年度単位の活動です。

同じ班のメンバー・同じスタッフで1年間活動を共にし、活動のたびに経験を積み重ね、友だちや仲間との関わりを深めていきます。

活動の報告を通じて、家庭や学校以外での[表情かお]を知ることができます。

幼児~中学生まで、すべて一貫したプログラムで構成した年度単位の活動です。

同じ班のメンバー・同じスタッフで1年間活動を共にし、活動のたびに経験を積み重ね、友だちや仲間との関わりを深めていきます。

活動の報告を通じて、家庭や学校以外での[表情かお]を知ることができます

 

 

活動の特色

プログラムの構成で大切にしていること

子ども体験教室のプログラム構成

◆3つの柱

● FUN(まずは楽しむ)
● 安心、安全な場(ココロもカラダも安全に)
● やってみる!(1歩踏み出す勇気を後押し)

◆継続性

継続することで身につく、【感じ・考え・行動する力】
● 活動を重ねるにつれて難易度をあげ、個々のチャレンジ・グループでのチャレンジの場を増やしていきます
● トライ&エラーを繰り返すことによって、経験値を積み上げていくプログラム構成です
● スタッフやグループの仲間との継続した関わりが、個の成長とグループの成長を促します

わかりやすい「活動テーマ」

各コースそれぞれの活動内で身につけてもらいたい「力」を当校オリジナルの「評価基準表」により明確にし、毎回の活動それぞれの目標や難易度などを細かく設定してプログラムを構成しています。活動のたびに経験を積み重ね、友だちや仲間との関わりを深めていきます。

またそれぞれの活動は、季節に応じた自然の広がるフィールドで行います。その季節ならでは、その場所ならではの自然体験が経験できるようにプログラム内容を決定しています。

参照 2021年度子ども体験教室オリジナル評価基準表

子ども体験教室の活動テーマ

最終回「仲間と歩く」プログラム

子ども体験教室とチャレンジハイク

国際自然大学校が目指す『アウトフィッターの育成』という理念を最も具現化したプログラムの1つに、30年間続く【100㎞チャレンジハイク】があります。
18歳以上を対象としたプログラムですが、チームで歩くことがルールです。100㎞を歩く行程を人生に置き換え、人と関わり続け、そして自分と向き合いながら限界に挑む中で、自己の気づきと前向きに生きる姿勢を育みます。

その想いのもと、当校の子ども体験教室でも、最後の活動でそれぞれの成長にあわせた「チャレンジハイク」を行っています。

 

子ども体験教室キャラクターノッツくん

子ども体験教室キャラクターノッツくん

2022年度の子ども体験教室

2021年度より当校では「子ども体験教室」におけるサービス内容のリニューアルを実施いたしました。
これらの取り組みについては、2022年度も継続して実施してまいります。

●感染症対策

2022年も「withコロナ」と呼ばれる社会情勢が続くと見込まれます。同時にこの2年間、失われた子どもたちの体験の場は数えきれないことでしょう。
当校では「体験を止めない」をスローガンに、独自の感染症対策ガイドラインのもとプログラムを継続してまいります。
それらを実現するために、「withコロナ」に合わせた子ども体験教室の運用を続けてまいります。

●持続可能な社会の実現

国際自然大学校では「SDG’s」の観点から「紙媒体」の使用をできる限り削減し、「デジタルコンテンツ」の有効活用に取り組んでいます。
そういった側面の取り組みについても、22年度も引き続き推奨してまいります。

1.グループ人数・スタッフ数について

22年度の子ども体験教室では、グループの人数は子ども6~8名とします。
グループには1~2名の班担当スタッフ(キャンプカウンセラー)が付き、子どもたちを活動を行います。
活動内容に応じて、グループをさらに2つにわけ少数で行動するなどの感染症対策を講じます。

2.活動の欠席について

活動に欠席された場合、活動1日につき【当校キャンプに使用できるクーポン5000円分】をお渡しいたします。
残念ながら参加できなかった場合も、ぜひそのほかのプログラムにご参加ください。

※クーポンの期限は2023年3月末日です。
複数枚同時使用も可となります。単発プログラムへの参加だけでなく2023年度子ども体験教室の予約にも利用できます。

3.年間コース会員限定・先行予約について

子ども体験教室にご参加いただいている方は、当校の単発プログラム(長期休み期間のキャンプ等)のご予約時、会員先行予約よりさらに早く予約を受付させていただきます。より確実に、ご希望のプログラムにご参加いただくことができます。(2のクーポン使用の有無は問いません)

 

4.事前のご案内・事後のご報告について

参加者のみなさまに各コースの専用LINEアカウントを友だち登録していただきます。事前のご案内、事後のご報告はLINEアカウントからお知らせいたします。
また活動後は、オンラインアルバム活動の様子をまとめた動画を配信いたします。(会員様のみが閲覧できるサービスです)

その他、活動解散時には、担当キャンプカウンセラーよりお一人ずつお子様の活動の様子を直接ご報告いたします。また保護者様よりご家庭などの様子もぜひお知らせください。保護者の皆様と担当キャンプカウンセラーがコミュニケーションをとりながら、子どもたちの成長を支援させていただければ幸いです。
※22年度も「カウンセリングカード」については休止いたします。

2022年度ご予約について

2022年度募集は全コースの募集を締め切りました。
次年度2023年度募集は2023年2月下旬に日程公開、3月ごろ予約受付開始予定です。(※予定は変更となる場合もございます。都度こちらのページで情報を公開していきます。)

 

 

成長に合わせた4つのコース

対象学年の違う4つのコースをご用意しています。日程の詳細や料金などの具体的な募集内容は各コース毎にご確認ください。

キッズコース [ 年中~年長 ]

子ども体験教室キッズコース

活動テーマはあそび力UP

年中・年長さん対象のキッズコースでは、遊びを通して、感じる心と創意工夫する力を育み、遊ぶ力を高めます。「あそび力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

楽しくあそぶ力

創意工夫をしてあそぶ力

集団であそぶ力

ビギナーコース [ 小1~小2 ]

子ども体験教室ビギナーコース

活動テーマはできる力UP

小学1年生・2年生対象のビギナーコースでは、「考える」「やってみる」体験を通し、自分や仲間との「できた!」を増やします。「できる力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

自分で考える力

自分でやってみようとする力

仲間とやってみようとする力

フロンティアコース [ 小3~小6 ]

子ども体験教室フロンティアコース

活動テーマは行動力UP

小学3年生から6年生まで対象のフロンティアコースでは、仲間と協力すること・挑戦することを通して、感じたことを自分から行動に移す力を高めます。「行動力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

自ら解決しようとする力

仲間と協力する力

個を発揮する力

ベーシックなアウトドアスキルが学べます。

パイオニアコース [ 小5~中3 ]

子ども体験教室パイオニアコース

活動テーマは挑戦力UP

小学5年生から中学生対象のパイオニアコースでは、冒険活動を通して野外生活に必要な知識スキルを身に付け、どのような状況でも前向きに立ち向かう力を養います。「挑戦力」を高めるために3つの力を育めるようプログラムを構成しています。

知識、スキルを活用する力

自分の可能性に気づく力

どんな状況でも前向きに挑む力

バラエティに富んだ活動のラインナップで、よりダイナミックな自然体験に挑戦できます。

※すべての写真はイメージです。2018年度以前のものも使用しています。